不倫を見つけて今後させないために誓約書は書かせた方が良い?

相手の不倫を見つけて、それが解決したとしても、今後が心配になります。

不倫する人は何度も繰り返すとよくいいます。不倫を見つけて今後させないためには、誓約書は書かせた方が良いのでしょうか。

たとえば、誓約書として、不貞行為があったことを認めること、もう二度と連絡をとったり会わないことを約束すること、それを破ったら慰謝料を支払うこと、などの内容を盛り込んで書かせるのです。実際、誓約書を書かせることは、有効な手段になります。慰謝料を請求するかしないかは別として、不倫をしてしまった相手と今後も婚姻生活を継続していくなら、不倫相手との交際はちゃんと断ち切ってもらう必要があります。

そうした場合、抽象的に別れることを誓約させるだけでは、強い効果は期待できません。そこで、相手との関係や状況に合わせて、より具体的な誓約事項を定めるのです。

各誓約事項に違反した場合、誓約書にペナルティを適切に定めておきます。不倫相手との間で誓約書を交わす場合、必ず署名押印して両者が保持し合うようにします。不倫をした相手とは、きちんとけじめをつけるべきで、夫婦間で誓約書を作ることには意義があります。